夜職でお金を借りる方法

夜職をしていると、なかなか社会的な信頼が得られず銀行などでお金借りたいが難しい、というのはよくあることです。キャバクラやホストなどの夜職で、給料は結構稼いでいるものの、いつその稼ぎが終わるかわからないというのが信頼が得られない理由です。こういった夜職の人でもお金を借りる方法としては、まず1つめにお昼の仕事をちょっとでもいいのでやって、保険証をゲットするということです。夜職であれば会社から保険証をもらえないですが、昼の仕事であれば会社から保険証がもらえます。それがあるかないかで社会的な信頼が変わるので、実際働いているかいないかはどちらでもいいのですが、登録だけでもしておくとお金を借りることがしやすくなります。続いての方法としては、銀行や信用金庫では借りるのが難しいので審査がゆるいところでお金を借りることです。例えば借りやすいところとしては、クレジットカードでキャッシングを行うことです。キャッシングは、クレジットカードを作った時に枠を決められます。この枠は給料によってクレジットカード会社から決められるのですが、大抵給料に比例して決められるので夜職であってもまあまあの金額を借りられることもあります。ただし、クレジットカードを作ったときに学生であったり、フリーターでキャッシングがついていない場合は申請し直さなければなりませんので多少手間になるので注意です。アコムなどの消費者金融で借りることはおすすめしません。